事業報告

令和3年度(2021年度) 事 業 報 告 書

特定非営利活動法人パドルジャークス体操協会

1.事業の成果
  昨年から続くコロナウィルスの影響は活動に大きな変化をもたらし、毎月 の運営委員会はリモートで行い実技研修の情報はDVDで伝え協会全体活動の継続を保つ事が出来ました。 エリア教室活動は緊急事態宣言の合間を縫って行われ、改めて体操の必要性が認識された事により、地域に密着した教室活動の継続を望む声が数多く寄せられました。そのうえ新規教室が立ち上がる地域もあり運動と健康に対する認識が非常に高くなり活動の重要性を強く感じました。 素晴らしい出会いにも恵まれ、福島エリアで女性作家に、長野エリアで体育大学の教授とつながりを持つことが出来ました。教授には2022年度研修会にて御指導ご協力を頂ける事になりました。 また、世界中で取り組んでいるSDGs(持続可能な開発目標)の理念 No.3「すべての人に健康と福祉を」の目標は、協会スローガンの“寝たきりをつくらない”の理念に合致する活動であり自信と確信を得ました。今後さらにパドル体操の普及に努め多くの人に体操の喜びを体感して貰えるよう研究を重ね、尚一層活動強化し社会貢献に努める決意を強く持てた一年でした。
 

事業の実施に関する事項

 (令和3年1月1日 ~ 令和3年12月31日)

(1) 特定非営利活動に関わる事業
事業名 事業内容 実施日時 実施場所 従事者の人数(人) 受益対象者の範囲及び人数 支出額
(千円)
(1)スポーツ大会音楽祭及び文化祭等主催や協力交流事業 各地域の公民館での発表会やイベントの参加 年間を通じて実施 関東甲信越各地方 指導士
  0名
各地区一般
    0件
    0名
(2)障害者高齢者への自立支援事業及びその家族や介護者への支援活動 保健センターや社協主催の高齢者や障害者の健康の維持増進介護予防のための支援活動 依頼に応じて年間を通じて実施 関東甲信越各地方 指導士
  53名
高齢者
障害者
  163件
 1933人
265
(3)地域の健康体操教室の運営に関する指導 地域の人々の健康管理や健康増進のための支援活動 年間を通じて実施 関東甲信越各地方 指導士
  53名
地域住民

   33件
  260名
3393
(4)情緒不安定な子供に対して健全な心身を維持出来るよう協力する支援活動 親子体操やキッズの子供達の支援活動 年間を通じて実施 関東甲信越各地方 指導士
   1名
親子・子供

   1件
  13名
(5)健康体操の創作普及及び体操補助具の提供 健康体操の創作のためのCDビデオの作成 年間を通じて実施   指導士
  53名
  50
(6)NPO法人公益法人など関係諸団体との交流及び協力関係の推進事業 シニア大学等の交流事業 年間を通じて実施 関東甲信越各地方 指導士
  0名

   0件
   0名
合計 3709